仕事帰りの田舎道・・・辛夷(こぶし)の花

a0165291_648170.jpg

たぶん、こぶしの花であろう。あまりあたたかくない神戸の公園で咲いていました。

昔の人はこの花の開花時期から農作業のタイミングを判断したり、花の向きから 豊作になるか否かを占ったりした(種まき桜と呼ぶ地方もある)

白い花で、花びらの幅は狭い。全開する花のつぼみを摘み取り乾燥させたものを同じ漢字で「辛夷(しんい)」といい生薬(しょうやく)の一つに数えられる。風邪による頭痛や鼻づまりなどに効く。
 
       花言葉・・・信頼
by flowroku | 2010-03-13 13:33 | | Comments(2)
Commented by ILmoon at 2010-03-14 18:10 x
植物の薬効を知っている事は大事だよね。
でも、民間療法も我流でやると怖いしね。
明治生まれの故祖母が、いろいろ教えてくれた薬草。
子供の頃は、祖母の手作り漢方を飲んだものです。
写真の花は、コブシですね。
この花の咲く頃に田植えが始まります。
そう、田植えが始まっているのです。
写真を撮って来ましたよ。明日にUPかな。
Commented by ろく at 2010-03-14 21:05 x
植物の薬効・・・私、漢方結構好きなのですよ^^

花粉症には抗ヒスタミン薬(これは眠くなるので)でなく「辛夷」の入った漢方薬を利用しています ヽ(^。^)ノ

田植え・・・さすが宮崎・・こちらは影も形もないや・・・
<< 椿の花・・・ ウオッカ電撃引退・・・ >>