ヒヤシンスの花・・・

a0165291_1731438.jpg
a0165291_1733366.jpg

ヒアシンスといえば小学校で水栽培をした思い出があります。根がだんだん長くなって伸びていくのが面白くて・・・・  

    現在でも小学校でそういうことをしているのかしら?

水栽培を行うときには、一定の低温に当たらないとヒヤシンスは花が咲かない性質があるので、1月くらいまでは外に置いて、寒さに充分当ててから室内に取り込み、水栽培用の容器で育てます。

最初は水の高さを球根の底が浸かる程度にし、根が伸びてきたら徐々に水を減らして日の当たる暖かな窓辺において、花が咲くのをじっと待つ。

今は手抜きで、鉢植えのヒヤシンスを買ってきて、花が咲くのを眺めているだけ ヽ(^。^)ノ

来年あたり球根を買ってきて地面に植えるか! いや、この秋は義父の思い出の「黄色い水仙」を山ほど植えてやる・・・
by flowroku | 2010-03-14 17:21 | | Comments(4)
Commented by ILmoon at 2010-03-14 18:19 x
小学校の教室の窓側に置いてあったものですね。
「花係」なる当番さんもいましてね。
来年はヒヤシンスの花で花壇をいっぱいにさせてくださいね。
Commented by ろく at 2010-03-14 21:10 x
毎年ビオラやパンジーの花を咲かせていましたが、来年はちと趣を変えて華やかにしようかしら・・・
Commented by msreiko at 2010-03-15 16:54
ヒヤシンスも接写で撮ると、違う花みたいね。
白色のヒヤシンス、いいね。^ ^
Commented by flowroku at 2010-03-15 22:07
赤や青やら、濃い色のほうが人気がありそうですが・・・白もシックですね。。。
<< 今日の勉強会 椿の花・・・ >>