大中遺跡・・・

JR土山駅南すぐのところです。実家に帰る途中に行きました。(母の電話攻撃に耐えかねて本日ちょっとだけ帰りました。)

______________________________

大中遺跡・・・兵庫県加古郡播磨町に位置する、弥生時代中期から古墳時代中期の代表的な遺跡の一つ。国の史跡に指定されている。

昭和37年(1962年)6月に播磨中学校の3人の生徒により発見された。多くの住居跡とともに土器、鉄器、砥石、そして貝殻や飯蛸壺、更には中国との交流を示す分割鏡などが発掘された。昭和49年(1974年)から史跡公園「播磨大中古代の村」として公開されている。

平成19年(2007年)10月13日に隣地に播磨大中古代の村と一体化した形態の兵庫県立考古博物館が開館した。

毎年、秋季には「大中遺跡まつり」が開催され、弥生時代の文化を体験する催しが行われる


a0165291_21405042.jpg

a0165291_2137529.jpg
a0165291_21373855.jpg


入場料も要らずただの公園でしたが、だだっ広いです。散歩にはもってこい。遺跡には手を触れることも中に入ることもできましたが・・・こんなところに住むなんて (-_-メ)

こちらは、兵庫県立考古博物館

a0165291_21461987.jpg

a0165291_711147.jpg

by flowroku | 2011-06-03 21:48 | 日常生活 | Comments(2)
Commented by msreiko at 2011-06-04 04:49
案外、住み心地がいいかも?^ ^
Commented by ろく at 2011-06-04 07:03 x
以前から興味があったので行きましたが…弥生時代に生まれなくてよかったなんて思いました。その時代しか知らなければ適応したのでしょうが・・・登呂の遺跡もこんなものかもね???
<< 今日は土曜日・・・ 職場の紫陽花・・・ >>