根尾の薄墨桜・・・

a0165291_2141069.jpg
桜に見せられるのは
  花ばかりでなく その節くれだった幹 その堂々とした姿
  一本桜は  有名でも 無名でも  
  見に行くのでなく、出会いに行くのがふさわしい 

お休みの今日、天気がとても良いので見てきました。これまでたくさんの桜を見てきましたが、ただ1本だけ咲いている桜を見たのは初めてです。樹齢1500年の一本桜「淡墨桜」。確か日本の桜のベスト3に入るとか! 堂々と左右に手を広げた「淡墨桜」 
長い風雪の歴史を刻んだ太いこぶだらけの本体。過去の幾多の危機の話を聞き、 また、写真で見る支柱で支えられた写真の姿に心配していましたが、、、
多くの柱に支えられてはいるものの、そのたくましい生命の息吹というか元気な姿に出会えました。
こぶだらけのごつごつの本体から もうありったけの力で 左右対称に目いっぱい手を伸ばし、
満開の花を咲かせ、今が大事と 見入る人たちを鼓舞しているような姿 近づいてこぶに目をこらしたり、 手を大きく広げて 花のにおいを 胸一杯に吸い込んだり。 ぐるっと 周りを一周。 ものはいわないが、 人をひきこんでゆく。 出会いに来てよかった。やっぱり いいなあ・・・・と。
a0165291_21202757.jpg

by flowroku | 2013-04-04 21:06 | | Comments(2)
Commented by ファレ at 2013-04-05 11:22 x
一度も行ったことがないのですが、一度は行ってみるべきですね。
ろくさんより、近いのになかなかいけないのです。 
Commented by ろく at 2013-04-05 22:20 x
明日の嵐で桜は全部散るかな?
まだ樽見鉄道やら谷汲山のことを書く予定です。が明日も仕事です。
<< 樽見鉄道に乗って・・・ 仕事帰りの田舎道・・・ >>