カサブランカの白い花・・・

とあるおうちの庭先で咲いていました。台風が来ているから雨風ですぐにだめになるかな。。。毎年花が咲くけれど雨が多い時期なので地植えはもったいないなと思ってしまう。
a0165291_22343279.jpg

綺麗な花だから挑戦しようかな!



よそ様のブログより
カサブランカはユリ科の多年草。球根から育ち、ラッパ型の大輪の花を咲かせる。

カサブランカはユリの一種で純白の大きな花をつけ、周囲には甘い香りを漂わせます。別名『ユリの女王』とも呼ばれています。その優雅で高貴な印象から、結婚式の際にブーケとして選ばれることも多い花です。

カサブランカの名前の由来は、花びらの内部に模様などが無い真っ白な形態であることから『白い家』からきていると言われています。カサブランカは12月21日の誕生花であり、花言葉は『雄大な愛、威厳、高貴』といった印象どおりの言葉で、結婚式にはピッタリの花であることを感じとることが出来ます。

耐寒性を持っている花なので、丈夫で育てやすい花です。10~11月に植え付けを行います。鉢植えも地植えもできますので、住宅事情に合わせて植えつける場所を決めると良いです。

カサブランカの花が咲き終わったら、次の花の成長をジャマしないようにすぐに摘み取ります。また、球根は乾燥に弱いので通常の球根のように乾燥保存をせずに、植えっぱなしにしておくか、水で濡らした新聞紙などで包んで乾燥を防ぎます。






# by flowroku | 2015-07-16 22:15 | 花 | Comments
by flowroku | 2015-07-16 22:15 | | Comments(2)
Commented by msreiko at 2015-07-18 04:15
ろくさん、毎年、明石公園の菊花展で、球根を安く売ってるよ。
Commented by flowroku at 2015-07-18 21:51
今年挑戦するわ!前虫に食われてから辞めてたんだけど。明石の花展は11月7、8のみです。私も作品出すかも。。。
<< 多肉植物のクラフトづくり 睡蓮の花・・・& >>