2010年 04月 25日 ( 1 )

元気のでる詩・・・

a0165291_19423911.jpg



たけのこが

    ぐん!

  せのびして

  つちをわったよ

a0165291_1944165.jpg



この詩を見たのは昨日の朝日新聞だったっけ・・・
______________
新緑の季節、タケノコはあっという間に成長し、3カ月で立派な竹に変身する。モウソウチク(孟宗竹)は24時間で119センチ伸びた記録があるそうだ。

 そんな勢いを、詩人の武鹿(ぶしか)悦子さん(81)はこんな風に表した。

  たけのこが

    ぐん!

  せのびして

  つちをわったよ

(岩崎書店「武鹿悦子詩集 たけのこ ぐん!」から)

 詩は、小学校の教科書にも載る。「ずんぐりした中に力を蓄えて、一晩でびっくりするぐらい伸びる。子どもたちがああいう力を持ってくれたらいいな、と思うんです」と武鹿さん。
________________________________

この写真といい「ぐん」という言葉は妙に心に残る。その昔、実家には竹藪があり、リヤカーをひいてタケノコ掘りに行ったものだ。リヤカーに積まれたタケノコは、家の外で大窯で湯がき水につけ保存し、何日も食卓にのぼった。もう40年ほど前の事であるが、なんでも自給自足の我が家ではタケノコは貴重なおかずだったのであろう。タケノコのてんぷらやら、刺身といった上品なものでなく砂糖としょうゆで焚いたものが毎日食卓にのぼった。実はこれは私の大好物なのだが、、、

しかし、筍というものは油断をするとすぐ大きくなる。これはもう竹になるしかないと掘るのをあきらめるしかなかった^^;

a0165291_20131927.jpg

by flowroku | 2010-04-25 20:16 | Comments(2)