カテゴリ:TV・DVD・映画( 35 )

DVD 風立ぬ


やっとDVDを見ました。最近のジブリ作品は解かりやすいわ。詳しくは、映画についてを見てね

世界的な孤立の果てにある煉獄へと突き進む日本。そして永久の別れへと向かう愛妻との日々。過酷な現実に遭遇し続けながら、それでも空を見上げ、夢を追い続ける一人の男の物語・・・

群馬に生まれた二郎は、幼いころから飛行機に憧れる少年だった。夢の中で飛行機製作者のカプローニに邂逅した二郎は飛行機の設計士を志す。東京帝大で航空工学を学ぶ二郎は、帰京中の汽車の中でひょんなことから少女とその女中と知り合うが、そのとき関東大震災が発生、二郎は2人を助ける。

震災から復興したものの貧しさから抜け出せず、絶望的なほどの技術的格差を抱え、猿真似の得意な黄色人種と馬鹿にされながら、日本は戦争への道をひた走っていた・・・

大学卒業後、二郎は三菱重工業に就職し、名古屋に向かう。初めて試験飛行を目にした二郎は感銘を受けるが、隼型飛行機は急降下試験で空中分解し、コンペは失敗に終わる。上司の黒川は、二郎に欧米の進んだ技術を学んでくるよう勧める。同期の本庄らとドイツに渡った二郎は、G.38などを目の当たりにし、その技術水準に圧倒される。帰国した二郎は、上司の服部や黒川から七試艦上戦闘機の設計主務を命じられる。初めての設計主務に二郎は悪戦苦闘するが、ようやく完成した飛行機は飛行試験中に垂直尾翼が折れて墜落した。失意の二郎は休暇を取って軽井沢に向かうが、そこで関東大震災のとき助けた少女菜穂子と再会し、交際することになる。しかし、菜穂子は重い結核を患っていた。

その後、九試単座戦闘機の設計主務を命じられた二郎は、逆ガル翼や沈頭鋲を採用するなど意欲的に設計に取り組む。そんな中、サナトリウムで療養中の菜穂子が黙って抜け出したことを知る。名古屋で菜穂子に再会した二郎は、菜穂子の死期が近いことを悟り、黒川夫妻の媒酌で結婚する。

日本は世界中を敵に回す戦争へとひた走っていた。自分の設計した機体が兵器として使われることがわかっていながら、またそのことを誰より望んでいないにも関わらず、日本の航空界を背負うと自負する二郎は愛妻との限られた時間よりも設計を選び寝食を忘れて執念を燃やす。一方、菜穂子の症状は日に日に重くなっていた。

二郎らの努力の結晶である、九試単座戦闘機の飛行試験は予想を遙かに上回る大成功に終わるが、そのころ菜穂子はたった一人でサナトリウムへと戻ってゆく、その事実を二郎も風の知らせで知るのだった。

敗戦で焼け野原となった日本。二郎の夢の結晶であるゼロ戦はただの一機も戻らなかった。夢の中でカプローニと邂逅した二郎は万感の想いを胸に、草原で手を振る菜穂子の姿を見送るのだった・・・。
by flowroku | 2014-09-12 22:22 | TV・DVD・映画 | Comments(2)

永遠のゼロ・・・



ちょっと堅苦しいけれど・・・
by flowroku | 2014-09-04 21:15 | TV・DVD・映画 | Comments(2)

アナと雪の女王・・・


アニメですが、映画館でみたかった。やっぱり、ディズニーだわ



by flowroku | 2014-09-04 20:18 | TV・DVD・映画 | Comments(2)

ようかい体操




たまには、こういうものを…実は今、この体操ではありませんが健康のため、毎日しようとしています。
子供のゲームって面白そう(*^_^*)
by flowroku | 2014-08-20 21:43 | TV・DVD・映画 | Comments(4)

わが母の記。。。


少し前にNHKBSで見ました。二年ほどまえに映画化されたのね、

井上靖の自伝的小説「わが母の記」3部作(講談社文芸文庫刊)を、「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。役所広司、樹木希林、宮崎あおいら実力派キャストで10年間にわたる親子、家族の愛を描く。昭和39年、小説家の伊上洪作は、父が亡くなり母・八重の面倒を見ることになる。幼少期に母と離れて暮らしていたため距離を置いていた洪作だったが、妻や3人の娘、妹たちに支えられ、自身の幼いころの記憶と八重の思いに向き合うことに。八重は薄れゆく記憶の中で息子への愛を確かめ、洪作はそんな母を理解し、次第に受け入れられるようになっていく。第35回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で審査員特別グランプリを受賞。第36回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(樹木希林)

樹木希林の演技が光っていたなぁ。宮崎あおいの演技も…日本の映画もレベルアップしたものだ (*^。^*)

                    
by flowroku | 2014-05-10 21:12 | TV・DVD・映画 | Comments(4)

オリンピックに住む魔物

時差の関係で朝一のニュースで先に結果を知るのであるが・・・夜に詳しく見るのでありますが・・・
「ええっ!?」
「まさか!?」
「うそー!?」といった言葉を発してしまうような展開が色々あって毎日ハラハラしてしまう。
オリンピックには「魔物が住む」と言われていますが、その正体とは??

魔物の正体は『自律神経』です。つまり、自律神経のコントロールがうまく出来ず普段の実力が発揮できなかったり怪我をしやすくなったり予期せぬ事態に陥ってしまうそうです。
近年ではスポーツ選手は肉体だけではなくメンタル面でのトレーニングをされている方も多いと聞きますが・・・ やはり「オリンピック」という舞台でのプレッシャーは想像を絶するものなのだと思います。
ミスをして当たり前、これで人生終わりじゃない・・・そう思えると魔物を退治できる・・・のだとか。
by flowroku | 2014-02-21 16:19 | TV・DVD・映画 | Comments(2)

高橋 大輔選手

a0165291_6534886.jpg
a0165291_6541761.jpg


ソチ五輪フィギュア男子、大輔選手の闘いが全て終わりました。

ケガの苦しみを乗り越えようと最後まであきらめない姿勢を貫いてSPもFSも精一杯のパフォーマンスを魅せてくれた大輔サンから、得点や順位よりももっと大切なものをプレゼントされたような気がしています。

大輔サン、本当に本当にありがとう。あなたを誇りに思います。
by flowroku | 2014-02-15 06:57 | TV・DVD・映画 | Comments(2)

軍師官兵衛・・・

NHKの今年の大河ドラマです。
黒田 官兵衛・・・今姫路が舞台である。今日カーラジオで聞きました。今姫路の街は官兵衛一色らしい。大河ドラマ館もオープンしたらしい。主人公はV6の岡田准一君。映画「天地明察」で」主人公を務め、今「永遠の0」も公開されている人気俳優。

姫路城の大天守は工事中だけれど、新快速で2駅だ。地元に近いから行かなくちゃ・・・広峯にも行きたいし好古園も面白いし、、、書写山もよかったよ。加古川にも見どころはあるし…加古川、、、私の在学した高校や勤めていた病院もある。
a0165291_21122828.jpg

by flowroku | 2014-01-16 21:23 | TV・DVD・映画 | Comments(8)

あまちゃん by NHK

NHKの朝の番組で、毎回時計代わりに見ていたが、中高年のみならず若い人にも人気があるらしい。現実の生活で暗いことも多く落ち込む毎日ですが、この番組のノーテンキというかバカさ加減には救われることが多い~~~やはり朝は軽い番組でないと
a0165291_15224162.jpg
・・・
by flowroku | 2013-08-30 15:37 | TV・DVD・映画 | Comments(4)

今夜もなまでさだまさし

ラジオは、どんな時代でも変わらず、若者を中心に、幅広く支持されてきたメディアです。 リスナーからのお便りを元にしたパーソナリティーのトーク。 そしてコーヒーブレイクに流れる心地よい音楽。
ラジオには、リスナーとパーソナリティーの温かくて深い人間味溢れる世界があります。この番組では、そんなラジオの世界をテレビで実現します。

ラジオのパーソナリティーとして一時代を築き、今なお、多くのリスナーから支持されているミュージシャン・さだまさしさん。
豊富な知識と経験、幅広いネットワークを使って、視聴者から寄せられた質問や悩みにこたえていきます。
さらに、突然生ライブ演奏もあるかも…!?全国各地から生放送でお届けします!!


以上HPからの受け売り。

月に一度深夜0時過ぎから放送中。次回は二か月後に函館より。私はもう夢の中なので録画してみているが、なんとなく面白い。メール中心の時代にはがきで、しかもよいお年のおっさんが主流なのである。製作費もほとんどないし、月に一度放送だし、「さだまさし」なんてファンでもないし、だいいち私は若いイケメン好み。でも、なぜかひかれる。彼らの人間性にだろうか?

なまさだはこちらをクリック
by flowroku | 2013-05-26 16:41 | TV・DVD・映画 | Comments(2)