<   2011年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

終わった~~~

永年続けていた、夜の仕事。今日をもって円満退社。ほっとすると同時に寂しい気もする。
ここの職場のモットーは「働かないでいかにして金を儲けるか」であった。やめれる時にやめねば、社長の機嫌が悪くなるので、この時期になったが、ボーナスは出るらしい。

私にとっても楽に金を稼げる超楽な職場でしたが、かけもちはしんどくなりました。だいたい二か所の薬の場所が覚えにくくなってきて、、、処方箋を見て薬の効能や、ヒートの形が目に浮かぶのに場所が???

ジェネリック、施設用と薬が大幅に増え、どこにあるか解らない薬の種類が増えました。3月末の棚卸では薬の種類が1・5倍に増えていたとか???

今週はのんびりして来週からまた忙しくなる。午前の職場・・・社長も明日から交代。薬剤師も一人産休に入る。新しく♂が来るのは8月1日かららしい。。。

a0165291_2111533.jpg

↑↑↑  金曜日の夜に一緒に働いていた薬剤師さんから・・・先にやめてごめんね。また勉強会でお会いしましょう。最後まで気を使わせてごめんね (*_*;
by flowroku | 2011-05-31 21:17 | 仕事 | Comments(5)

台風一過・・・

の青い空とは言い難い。今日はくもりで肌寒い。

まだ5月なのに梅雨も始まって・・・6月の天気はどうなるのだろう???
例年道理、学校薬剤師の仕事が入ってきた(給食、飲料水、プールの水質検査)。幼稚園から中学まで4校。去年と同じく実習に来ている学生さんを連れて行かねばならぬので、しっかりと計画を立てなくちゃ・・・

a0165291_15235265.jpg
a0165291_1524466.jpg


通勤の途中で見かけた「柿の木」  (*^_^*)
by flowroku | 2011-05-30 15:28 | 日常生活 | Comments(6)

私の送別会・・・

私、来週の火曜日の夜間診をもって1件仕事をやめます。四月ごろから悩みに悩んだ末、そしてなんとか円満退社できそうで、本日会社のお金で「送別会」を開いてもらいました。

歓送迎会・・・もう5年以上中断していますが(何人もやめたのですが社長の機嫌が悪くて、、、)私がもう7年以上いたからかな・・・そして私がムードメーカーだったからかな・・・事務さんの口添えもあり、たった週2回しか手伝っていませんが、社長から送別会をしてもよいとのお達しがあり、明石でスペシャルランチを職場の皆さんといただきました。

私をだしにしてごちそうを会社のお金で食べたかったのだ・・・とは陰の声。イエ、ホントの気持ち・・・迎えに来た薬剤師さんいわく・・・どうも送別会というよりランチ会になっちゃって・・・いいよ、いいよ、ぱっ~~^と食べよう。ただ飯を (@_@;)

     それでも自宅までの送り迎え付き。おまけに「お餞別」もたくさんいただいて・・・

最後に花束でも頂けるかと期待していたのだけれど、スーパーの袋にはいった自家製の玉ねぎを頂きました
                 (@_@;)
                          あと1回だわ・・・
a0165291_18312594.jpg

a0165291_18355763.jpg

スペシャルランチ・・・初めて食べたけれど夜のコースとあまり変わらないよう・・・土曜日でして仕事が終わって駆けつけたスタッフが多かったのです。シフトの関係でもう合わない人も多いですが、皆さんお疲れ様でした。そして長い間お世話になりました。有難う。。。
by flowroku | 2011-05-28 18:50 | 日常生活 | Comments(7)

1個550円のプリン

a0165291_20593957.jpg

中身は、もう私の胃袋の中ですが・・・会社からの差し入れです。

     Pastelのなめらかプリンhana ザ・キャラメル 

材料にこだわった究極のなめらかプリンだって・・・従業員全員で1個ずつ食べたのですが・・・こんな高いプリンを食べたら口が腐る ( ^)o(^ )

TVなどでも紹介され、扱っている店も限られていたようですが・・・職場の人たちの反応もイマイチ。
まっ話題性は十分ありますが、私は甘ったるかったとしか感じなかったわ。もう少値段のやすいプリンで結構 (*^_^*)
by flowroku | 2011-05-27 21:13 | 食べ物 | Comments(10)

梅雨・・・

明日から雨が続くそう・・・今週は私用でめちゃくちゃに忙しい。バラの花も盛りらしいのだが・・・例年より早く梅雨がきそう。

写真は加西フラワーセンターにて・・・ちょうど休みだった主人が今日行きました。義母と義姉と・・・
この公園もバラが盛りです。そして新緑も美しそう・・・
a0165291_20434457.jpg
a0165291_20435481.jpg
a0165291_2044786.jpg
a0165291_20441840.jpg

by flowroku | 2011-05-25 20:45 | 日常生活 | Comments(7)

荒牧バラ園・・・

昨夜土砂降りだった雨にもめげずバラの花を見てきました。今回は一人でなくママ友2人と・・・
JR中山寺からタクシー5分ほどで到着

みな非常勤で働いているので、なかなか休みが合わず、前日に土砂降り、午前は曇り空にも関わらず、おまけに私は夜間診の仕事があったのですが行ってきました。

たぶん、数日前から見ごろだったのでしょう。特に蔓バラが綺麗。この公園は入園料が無料にも関わらず(伊丹市の管理下であろう)手入れが行き届いていました。。
a0165291_2155831.jpg

a0165291_20545516.jpg

a0165291_2173953.jpg

a0165291_20561667.jpg


        近くで見ると雨の滴が・・・

a0165291_21125219.jpg

  お弁当広場???で食べたお弁当。手づくりでなく明石で買ってきてもらいました。
a0165291_21152079.jpg

なぜか、こんなものも・・・
a0165291_210584.jpg

帰る頃には☀☀☀~~~それでも、雲なのでしのぎやすかったよう (*^_^*)
by flowroku | 2011-05-24 21:20 | 日常生活 | Comments(4)

神戸の街並み・・・

a0165291_2058622.jpg
a0165291_2059638.jpg
a0165291_20591754.jpg
a0165291_20594310.jpg

大丸神戸近辺には、素敵な街並みがたくさん残っています。

のんびり歩けば素敵な建物に会えるのでしょう。。。

a0165291_2151266.jpg
a0165291_2152634.jpg

by flowroku | 2011-05-23 21:11 | 自然の風景 | Comments(2)

ちょっと変わった勉強会・・・

変わったと言っても主催者は県薬と県病薬・・・

まじめな勉強会ですが・・・会社に交通費を請求するのに申請目的をどう描くか、悩みました。

健康体には笑いが大いに必要だとは理解していますが・・・

今日の勉強会は、「笑いの処方箋」  講師は医師であり落語家でもある立川 らく朝氏

東日本大震災という深刻な問題を抱えた今、笑いが必要だということで神戸で250名近い薬剤師がこの話を聞きました。いつもの勉強会と違いメモを取るような難しい話ではありませんでしたが・・・「笑いに勝る良薬無し」という言葉について深く考えました。。。

こんな陽気なDRの診察を受ければ、病気も吹っ飛びそうです。。。。

私、落語は聞いたことがありませんが、聞きにいったら楽しいかも!!!

a0165291_22382031.jpg


今日の講演の内容がてんこ盛り。会場で買いました (*^_^*)
by flowroku | 2011-05-22 22:41 | 日常生活 | Comments(6)

爆笑問題のニッポンの教養「死ぬ前にしたいこと~医師・徳永進」

NHKの番組より・・・録画しておいたのを見終えました。鳥取、野の花診療所と聞けば徳永DRと結び付くのは当然。生「徳永DR」には神戸の勉強会でお目にかかっていたが・・・
TVから流れるDRの姿と診療所の様子を見て感動を頂きました。私はこういう話題に興味があり、職業柄淀川キリスト病院のターミナルのDRやら、六甲病院のチャプレン沼野尚美さんの話を興見深く聞いている。

余命半年と言われ死ぬ前にしたい事。重い話題の番組であったが、彼独特の明るさで軽いタッチの番組にしあがっていました。
a0165291_2043625.jpg

       写真は徳永先生の今・・・実物のほうがもっと温かみがある人ですよ・・・・
ちょっと長くなりますが時間がある方は読んでください。
_____________________________

NHK爆笑問題のニッポンの教養爆問学問5月19日放送【余命半年
あなたならどう過ごす▽数千人みとった医師感動秘話】の詳細情報です。
◎キャスター:爆笑問題(太田光、田中裕二)
◎出演者:徳永進(野の花診療所院長、内科医)

■死ぬ前にしたいこと

末期がんなどで治療が難しいと告げられた患者が、最期の日々を過ごす場所が
ホスピスです。鳥取の住宅地にある「野の花診療所」は、院長の徳永進さんの
ユニークな実践から、全国にその名を知られるホスピスです。

徳永進さんのモットーは、死期が近づいた患者に、思うがままに過ごしてもらう
ことです。元漁師の患者が海が見たいと言えば一緒に船に乗りこんだり、肝臓がんの
患者が焼き肉が食べたいといえば一緒に焼き肉屋に出かけて乾杯したり、空を
飛びたいという患者とともに魔女のコスプレをしたりなど、型破りな発想で
患者と向き合いながら、これまで数千人を看取ってきました。

ホスピスを訪ねた爆笑問題は、黄色い声混じりの大歓迎を受け、院内には、
ピアノの生演奏やコーヒーの香りが流れ、小さな「瞑想室」や死後の配達も請け負う
郵便ポストなど、病院とは思えないユニークな仕掛けがあちこちにあります。

爆笑問題は徳永進さんの往診にも同行、海辺の自宅で過ごす末期がんの男性を
訪ね、徳永進さんが、爆笑問題にどうしても見せたかったものがあるといい、
そして、太田光もまた、今年1月に脳溢血で倒れ、寝たきりになった82歳の
父との時間を語り始め、死を通して見えてくる生の意味とは?命をめぐる対話
でしたが、徳永進さんが語った「当たり前という奇跡」という言葉が印象的でした。

●今回の対戦内容:徳永進/爆笑問題

太田:先生がさっき海に行ったときに、あのお父さん(海辺に住む往診先の患者さん)が、
   どこに住んでいるか周りの環境も知りたいって言ったのは、ははあ、なるほどなって思う。
   そこにはたぶん何も医学的なヒントとかっていうのはないと思うんだけど、
   その人がどういうところにいて、どう育ったかっていうのを先生が少しでも
   感じるっていうことが、それがどういう効果があるかも分からないんだけれども、
   でも、何か知っておきたいっていう先生の気持ちは、分かるというか。
徳永:それはね、あの時あの患者さん、まあがんであったとしますね。
   で、腫瘍マーカーの数値がだんだんと100が200、300になってますと。
   その他のデータもこうです、というそこしか知らないのと、あ、意外とこんな家だな、
   こうやって玄関入って、ちょっと段差があるなとか、障子がちょっと開かんなとか。
   その後、(家のすぐそばの)海っていうところに行くと、「ああ、こんないい日も
   あったんか」「今日は気持ちがいい」っていう、何か感情を共有しますよね。
  「彼もこういう日、いつかあっただろうな」って見ると、何かその人の世界に一部、
   ちょっとおれる(いられる)っていうのがあってですね。で、ああいうふうに人に
   出会えるっていうことは大事だなと。それがじゃあ(患者さんの)長生きに
   つながるかっていうと、まあ関係ないんだけど。
太田:分からないけれども、っていうことね。でもどこか関係しているような。
徳永:先生:すると、例えば夜中の2時にね、「ちょっと調子が悪くて来てくれますか?」って
   言われた時に、「ほらガッテン、行こうか」っていう気になるのは、あの海の近くの彼が
   あのベッドで待ってる、私の変な質問に無理矢理答えさせた、申し訳ないとか思って、で、
   動きやすいんですよ。それが、「もうどうせ死ぬ病気やないか」みたいな、
   そういうことで動きにくくなるのと、感情を共にしている、あの穏やかな春の日、
   ありがたかったなっていうのと。するとやっぱりね、こっちのフットワークが
   良くなるんですよ。
田中:だから先生にすれば、ちょっと自分のため、的なこともすごく。
徳永:ちょっとじゃない。ほとんど(笑)。
太田:面白いですよね。そういうことって。
_______________________________

   野の花診療所はこちらから・・・・
by flowroku | 2011-05-21 20:52 | TV・DVD・映画 | Comments(6)

土曜日は・・・

月に1回仕事が入りますが、あとは日曜日も休みなので、習字教室へ・・・
残念ながらアップできる文字はない。今小作品を作っているので同じ文字ばかり3週間練習している。6時間も書きこむと少し線質が満足いくようになり、もうすぐ完成まじかだわ                  ヽ(^。^)ノ

この写真は教室に行く途中で写したもの。蔓バラが素敵なお家です・・・
明日は雨かな???
元町である勉強会に行きたいのだけれど土砂降りならやめておこう・・・

a0165291_15255190.jpg
a0165291_1526530.jpg
a0165291_15261971.jpg

by flowroku | 2011-05-21 15:29 | 日常生活 | Comments(0)